国際ジャーナル 2010年6月号

  • 2010/06/11(金) 18:18:45


国際ジャーナル 6月号





巻頭特集

裁判の迅速化やいかに

速く正しく、裁く


「思い出の事件を裁く最高裁」──これは、かつて司法制度改革推進本部長を務めた小泉純一郎元首相が、発言の中で取り上げた川柳だ。最高裁で審議が行われる頃には事件が風化してしまっているほど、日本の裁判は解決に長期間を要することを嘆いている。先頃、日本列島を震撼させた足利事件や戦後最大と言われる松川事件に見られる冤罪、15年が経過した今もなお係争中である地下鉄サリン事件に見られる裁判の長期化など、我が国の刑事司法は国民の信頼を失いつつある。その信頼を取り戻すために「裁判の迅速化に関する法律」が施行され、迅速化と充実化が図られてきた我が国の司法。本稿では刑事裁判に絞り、現状を見ていきたい。

時事コラム
■〜熱気渦巻く31日間〜 サッカーW杯がいよいよ開幕
■大手メーカーが白熱電球の製造を中止 新たな“明かり”が照らし出す未来とは?
■来るべき災害に備える── 災害用伝言ダイヤル171の使い方を知ろう!
■働き盛り層を襲う脳卒中── 予防の鍵は生活習慣にあり
■台風情報の気象庁一元管理は妥当か? “予報”に対する認識の違いから正すべき
■人の生活を優しく照らし出す和ろうそくの繊細な光
■日本人の国民性と知恵がぎゅっと詰まった“弁当”という文化
■結束なき連合── EUが抱える赤字財政構造

特別企画
地域に生きる
■企業は人なり〜その人物像を探る
■職人に訊く ■暮らしを支える医療福祉
■EXPERT'S EYE ■学びの現場から
■逸店探訪 ■社寺聴聞

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

自宅で1日1時間で月収20万円以上

チャットレディを募集 http://www.pinkjj.com/?c=85 チャットレディ <a href="http://www.pinkjj.com/?c=85">チャットレディ 自宅</a>

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する